白髪染めの仕組み

白髪改善専門ガイドTOP≫白髪染めの仕組み白髪染めの仕組み

白髪染めの仕組みについて簡単に説明します。

まず、染める種類によってメカニズムは完全に異なります。例えば、当サイトでも紹介しているカラートリートメントとカラー剤では全く違った仕組みになっているのです。

多くの場合、トリートメント系カラー剤ですのでここではその2つの仕組みを比較します。

今人気の利尻昆布ヘアカラートリートメントといったタイプの商品は、ヘアーマニキュアと同じ仕組になっています。髪の表面に染料を付けることにより色を出します。(メラニン色素の分解・脱色無し)ですので黒髪にはあまり効果が出ませんが、白髪には自然に色が入ります。

また、髪へのダメージはとても少ないという特徴があります。持続期間も数週間と短めですが、ダメージが少ないので何度も染めることは可能です。

次にカラー剤ですが、染料が髪の毛の内部に浸透して染まるという仕組みになっています。(メラニン色素を分解し脱色させる)1剤と2剤という構成になっているものです。

美容院でヘアカラーする時と白髪染めのカラーもメカニズム自体は同じです。ただし白髪用を使用してください。

また、髪へのダメージはヘアマニキュアよりありますし、持続期間は数ヶ月と長めです。

ただ、当然のことながら染めた部分のみですので、期間が経過し根元が生えてきたら白髪が目立つことになります。やはり定期的にカラーリングする必要はあります。

10秒に1本売れている大人気アイテム(白髪用)利尻ヘアカラートリートメント画像

利尻ヘアカラートリートメント
自宅で簡単にキレイに染まる(10分程度)
白髪改善&傷み改善の一石二鳥効果
使用1回目から染まります

詳細はコチラ⇛ 利尻ヘアカラートリートメント

≫詳細&体験談&感想ページ